03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

楽をする為の努力は惜しまない。

普通の人間による、ちょっと普通じゃないブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】2011/04/28 

最近は色々なシューティングが出てて賑やかですね。
なかにはハズレもありましたが、個人的には嬉しい限りです。

先日、オトメディウスXが発売されました。
こいつがそのというやつです。まぁ、ある程度覚悟はしていましたが…。
基本的に褒められる部分が皆無なのが困ったところでして。
悪いところならいくらでも出てきてしまいます。
例えば、
・全体的に異様に簡単。初見ノーミスクリアも出来る位。というか出来た。
・全体的に単調。プレイしていて眠くなってくるほど。
・全体的に見辛い。特に二面が酷い。
・全体的に(以下略
とまぁ、もっともっと出てきてしまいます。残念にも程があります…。
低年齢層向けっぽい造りな気がしなくもないですが、
残念ながらCERO Bなのでそうでもないという。
前作の方がボスオンパレードモードもあったしまだ楽しめたんではと思います。
とにかく方向性が良くわからない、手抜きなSTGとしか思えませんでした。

ちなみに、初見ストーリーノーマル&エキスパートを初期装備でノーミスクリア。
スコアアタックモードも適当にプレイして4-1クリア時に1000万点突破したところまで。
後は面倒になって自爆して終了。難易度的にはかなり余裕でしたけどね。

あと、プレイしてないのとしてトラブルウィッチーズねぉ!がありますね。
こっちは残しておいて、次に友人が来たときにでもプレイしてみることにします。


それと、個人的に楽しみにしていた最後の約束の物語を購入。
インターフェイスがまんまセブンスドラゴンとか世界樹っぽかったんで、
まさかと思ったら開発スタッフがその辺りだったという理由で。
プレイしてみた感想は、…正直微妙なところです。
厨二病全開なのは覚悟してたんですが、
なんというか、“おつかいゲー”という印象が非常に強いです。
一つの拠点でクエストをひたすらこなしていく感じで、マップも同じところで繰り返すばかり。
正直予想外なゲームでした。
難易度も思ってたほど高くなく、きちんとシステムを理解すれば問題なく進めますしね。
戦闘のテンポも良いかと思ったら、敵の標的が頻繁に変わる度にメッセージが表示され、
その都度1秒近く待たされてしまい、正直良いとは言えませんでした。
もう少し進めてみれば違った意見も出てくるかもしれませんが、
現状ではかなり微妙な感じですね。スタッフに期待していただけに残念。

その購入ついでに、某所で何故か980円でバンピートロットが売ってたので買ってきました。
前からプレイしてみたかったので楽しみにしながら消化することにします。

※追記
よく考えたら、今日でブログ開設から四周年でした。
特にこれといったものは用意してないですが、これからも細々と続けていくので宜しくお願いします。
スポンサーサイト
雑記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【東方】東方神霊廟体験版について 

先日、いつの間にかで東方神霊廟の体験版が公開されていたのでプレイしてみました。
Web上で公開されているので、気になる方はこちらからどうぞ。


■東方神霊廟 ~ Ten Desires. <体験版プレイレビュー>

●はじめに

待ちに待たれていたであろう、東方Project正ナンバリングタイトルが登場しました。
神主の意向もあり、色々と新しい方向での調整となっている模様です。
毎度お馴染み、ちょっと違った目線でのレビューを行っていこうと思います。

●新システムについて
個人的に最も気になっていたのがシステム周り。
前回の三月精の時に4ボタン制の導入があったことが気がかりでしたが、
案の定今作でも新たに操作ボタンが設定されています。
それが、今作の稼ぎの肝とも思える“霊界”へ突入するための霊界トランスボタン。
簡単に説明するならハイパーボタンのようなものですね。
なんとなくスクリーンショットで想像出来ましたが、予想通りの搭載でした。
その他は基本的にスコア周りでのシステム中心となっていますが、
遂に東方Projectでも搭載されたのかという思いが個人的には強いです。

●稼ぎシステムについて
簡単なプレイなので適当ともいえますが、
今作はグレイズでの基本点上昇は無し、敵の速攻撃破やボスへの撃ち込みで
基本点やスコアをアップさせることが基本となっている模様です。
その中で、先ほどの霊界トランスを駆使してどれだけ稼ぐかが重要となってくる感じですが、
霊界トランスの発動条件が、ゲージ3つでの手動発動とゲージ1つ以上でのミス発動という、
簡単には扱えない代物であることから、この辺のパターン構築が重要となりそうですね。
特に後者はある意味致命的で、わざと死んで稼ぐという作業が出てきます。
これは当然残機との相談となり、パターンを構築していないとただ残機を減らすだけの
行為となってしまいます。命と引き換えのスコアアタックになる訳ですね。

また、このシステムには既存のシステムを一つ破壊するほどの重要性を持っています。
それは、“喰らいボム”システム。
喰らった瞬間にボムを使用することでの生存という、
東方Projectを代表するシステムの一つですが、
どうやら今作では霊界突入の方が優先度が高いみたいで、
ゲージが1つ以上溜まっている状態での喰らいボムが使用できなくなっています。
裏を返せばゲージが無い状態では喰らいボムを利用できるという話ですが、
風神録で喰らいボムを中心として稼いでた私にとっては少し気がかりでした。
当然ですが、霊界突入中に敵のスペルカードが発動するとボーナスが消えるので要注意。

今作も物議を醸しそうなシステムですね。
テンポ重視なのは良いんですが、霊界関係をもう少し調整して欲しいというのが
正直なところです。

●BGMについて
神主のコメントでは、今作は全体的にダークな雰囲気になるとのこと。
これは私にとって非常に嬉しいことなんですが、
残念ながら現状ではどうにもこれだ!という曲に出会えませんでした。

●さいごに
登場キャラクターに既存のキャラクターがどんと出てきて驚きましたが、
ちょっと中古のバーゲンセールみたいな感じがしてしまいました。
難易度は少なくともノーマルに限っては非常に簡単。悪く言うとヌルゲーです。
当然、初見でクリアは出来る程度でしたが、その中での2ミスとも敵本体に衝突したものでした。
良くも悪くも初心者向けという感じですかね。

総評ですが、個人的に現時点では微妙な感じです。今後の調整に期待。

テーマ: 東方プロジェクト - ジャンル: ゲーム

東方  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】2010/04/12 

先日の記事の通り、被災地へと赴いてきました。
理由は親戚への顔出しと、支援物資による支援物資の輸送です。つまり車ですね。
事前に買っておいた中古車でもって、金曜の晩に出発。
8日の地震で東北地方での通行止めなんかが懸念されてましたが、
運良く通行時には規制解除されていたため、特に問題もなく通行できました。
しかし爪あとといいますか、東北道も凸凹が酷くて運転中に酔ってしまうほど。
反対側車線の一部が崩落していたりと大変な様子でしたが、朝には現地に着きました。

主に岩手県釜石市を中心に色々と見てきましたが、想像を遥かに上回る酷さでした。
幼少期、盆の時期に何度も見た風景がまるで別世界に。
その程度は言葉では示せないほど。溜息しか出ませんでした。
最近テレビでも映っていましたが、遊覧船はまゆりも何度か乗っていました。
年末に行った時に初日の出を船の上から迎えたりと世話になっていた船でしたが、
エンジンの修理の為大槌町にあったところ、津波の影響でああいう状況になってしまったと。
酷い話で、現地が観光名所みたいになっているところに呆れを感じました。
通った人間が車を止め、カメラで撮影する様子が多々見受けられました。
どこもかしこも。どうなってるんでしょうねぇ。

あと、報道と現地での話にも食い違いやおかしな話も沢山ありました。
特に笑ってしまったのが、現地のスーパーに普通に水や納豆が沢山置いてあること。
それこそ東京に逆輸入したい程の量で。優先とはいえ、需要と供給のバランスが変です。
逆に無かったものがレジ袋。持参の袋やダンボールに詰める必要がありました。
それこそレジ袋をスーパーに支援物資として輸送してやれば良いのに、と心底思いましたね。
色々な用途で使えると被災した親戚も言ってました。
安定するまでの数日間、一番役に立ったのが袋だと。

幸い、唐丹町の祖母は被災の影響殆ど無し。
大槌町の親戚は床上1m程度の浸水で済んだ程度と本当に良かったですが、
我々にはやはり本当に理解することはできないんでしょうね。
ただ、実際に自分の目で見ること、聞くことで初めて分かることも沢山ありました。
写真を掲載しないのもその経験によるものがあるからです、と言っておきましょう。


話は大きく変わって。
先日、エスカトスとバレットソウルがいつの間にか発売されてたということで、
買って来てプレイしてみました。

まずはエスカトス。なかなか面白いと思います。
作りも丁寧だと思いますし、BGMもFM音源での収録みたいで個人的には好みです。
ただ、稼ぎシステムが良くわからない。
倍率云々も説明書に全く記載されてないし、どう稼ぐのか全然わかりません。
あと、一部のステージでアングルがぐにゃぐにゃ変わって操作が良くわからなくなったり。
フロント・ワイドショットの同時押しでのシールド発動有無も切り替えられればなぁとか。

続いてバレットソウル-弾魂-。
例の問題を引き起こした5pbの制作ということで色々と不安を過ぎってましたが、
やはりというか、どうにも作りが荒いように思いました。
残念だった部分を箇条書きで表すと、
・縦画面表示に対応してるのがゲーム中のみで、コンフィグや自機セレクトでは横のまま。
・システムがシステムなだけに止むを得ないのかもしれないが、異様に硬い敵ばかり。
・弾幕が適当にばら撒いてたり、ボウリングのピンみたいなのばかりで避けててしんどい。
・BGMとゲームが合ってない。BGM単体は良いんだけど、全体的にロマサガ臭が凄い。
・アイテムの動きが適当。画面一番上で真横に跳ね返ってるとかどうすりゃ良いのか。
・パワーアップシステムの仕様が適当すぎる。
 1面ですぐにフルパワーになったり、フルパワーじゃないと敵を倒しきれなくて押し切られたり。
・一部キャラのボイスの音質が妙に悪い。ラジオ音質みたい。
・ショットが派手すぎて敵弾が見づらい。
なんというか、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ、と思いましたね。
良いところは良いんですがね。
例えば、最近のCAVEシューにありがちな処理落ちが皆無だったり。
システムも比較的単純で、取っ付き易さだけでいえば非常に良いのかなと。
個人的にですが、一言で表すなら男臭い東方って感じがしましたね。それだけ。

余談ですが、最近のレビューサイトでの評価と私の感想が一致しないことが多いんですよ。
私の感性が変わってきたのかそれとも…という感じですが、
あくまでもこんな私の感想です。予めご承知おきを。って今更か。
雑記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【MP3】人形裁判 ~ Dolls Wars 

■東方真奏曲 参 ~ Theme of Alice(仮)
06.人形裁判 ~ Dolls Wars
原曲:人形裁判 ~ 人の形弄びし少女(東方妖々夢/夢違科学世紀)

先日のエイプリルフールネタとして僅かに公開していた楽曲です。
殆ど先日のもの同一になりますが、若干ながら修正を加えてます。

実はこのアレンジは数年前に公開しており、それのリアレンジ版となっています。
当時のものから相当手を加えているので、別のアレンジともいえるかもしれませんね。
思えば私が初めてアレンジした楽曲だったりします。色々と懐かしいです。

ということで、今回で『本当に』活動終了となります。
改めて、ありがとうございました。

♪人形裁判 ~ Dolls Wars
 【ダウンロード(MP3)】 FileSize:9.33MB / 5:05

テーマ: 東方プロジェクト - ジャンル: ゲーム

MP3  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】2011/04/07 

どうもお久しぶりです。
諸事情あってネットに接続し難い環境下にありました。
先日こっそり仕込んでおいたエイプリルフールネタですが、
そこそこ盛況だったようでなによりです。

しかし、丸一日で公開を停止してしまったこともあり、
間に合わなかった方もいらっしゃった模様なので、
今週末に正式に楽曲のみ公開させていただこうと思います。
ダウンロード出来なかった方は是非。そんなに楽しめるものでもないですけどね。

話は変わって、今週末より再び出かける用事が出来ました。
今度はちょっくら被災地へ。ついでに色々と様子を見てくるつもりです。

最後に拍手コメント返し。

◆chaboさん
> エイプリルフールネタダウンロードさせていただきましたw
> 活動休止は残念ですが、音源は残るものなので今後も聞かせていただきます。
> 活動お疲れ様でした!

いつもコメントありがとうございます!
今ではただのエイプリルフールネタとなってしまいましたが、
当時は本気で計画していたものだっただけになんとも複雑な心境です。(笑)
応援ありがとうございました!
雑記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。