04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

楽をする為の努力は惜しまない。

普通の人間による、ちょっと普通じゃないブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【雑記】2012/02/20 

約三年間使ってたマウスであるMX-Rの調子が悪くなったので思い切って買い換えました。
120220_001.jpg
▲LogicoolのM950。実質MX-Rの後継機みたいです。

本当はMX-Rを買いたかったんですが、既に生産が終わってる模様で何処にも販売しておらず、
Amazonで見ても元の何倍もの価格になっているので諦めてこいつにしました。

そもそも不調だった内容ですが、シングルクリックがダブルクリックになる現象、
所謂チャタリングが稀に発生していたからという理由になります。
購入して三年弱だったので、保証期間内で修理(という形の交換)が出来たみたいですが、
保証書自体はあったものの購入証明がどうしても見当たらず断念しました。
そこで色々調べた結果、マウスに用いられているマイクロスイッチを交換する方法が
あるみたいだったので、秋葉原で色々と見て回ったんですが結局見つからず。
D2F-01はあったんですが、低荷重型が見当たらなかったんですよね。
そこでバルクのマウスを適当に購入(\100)し、分解して流用出来そうかみてみましたが、規格が1Aだったので断念。
急遽コンデンサを取り付ける方向に切り替え、バルクのマウスに付いてた104のコンデンサを
取り外しMX-Rに取り付けてみたら、足が短すぎて収納しきれない事態に。orz
やむを得ず諦めて元に戻したところ、バッテリーインジケータが緑色だったはずなのに何故かオレンジ色に。
再分解して調べてたら今度はインジケータ自体が消灯してしまいました。
まぁいいかと思って使おうと思ったら一部のボタンが押しても完全に沈黙。

要約すると、私が止めを刺してしまったということです。orz
気に入ってたマウスだけに大変残念。消耗品ということで割り切るしかないですね。

そういや、こんなのが付属してました。
120220_002.jpg
▲よく分かりませんが再利用可能なカイロとのこと。関係性が全く不明。

120220_003.jpg
▲ということで取り出してみました。

新規格で一機のレシーバーで複数の機器を扱うことができるとのこと。
それと延長ケーブルが最初から付属していたのがありがたい。
(一般的にはいらないといわれてるみたいですが、私のデスクトップ環境だと無線が干渉し合ってレシーバーが近くに無いと反応しないことが多々あるんです。)
uberOptionsも普通に使えるので良かった。

使ってみた感じは、MX-Rに近いもののやはり別物といった感じ。
ホイールクリックの遊びが短かったり、サイドボタンの位置が微妙に高かったり。
それと充電池内蔵といいつつ中身がエネループ(単三)でちょっと笑ってしまいました。
パッケージにも何処にも書いてなかったのでまさかという感じでしたが。
まぁ汎用が効くのでむしろ有り難かった要素なんですけどね。

まぁ上手くやっていきましょう。その内慣れるに違いない。
雑記  /  tb: --  /  cm: --  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。